印鑑の種類や用途

金融機関に行った場合、会社で使う場合、様々な場面で印鑑を使う事がありますよね?

 

そんな印鑑の種類と用途をご紹介します。

 

まずは印鑑の中でも最も大事な印鑑、キングオブ印鑑。

印鑑の王様「実印」

 

これは本当に大切な印鑑で、個人、法人の中でもとても重要視される印鑑となっています。

市町村役所で届け出た印鑑証明を受けた印鑑の事です。

実印は一人につき一本と決められており、同じ印鑑を二人で登録する事は認められていません。

 

銀行印

文字通り、金融機関で使用する印鑑の事です。

口座開設時や、保険や証券などの契約時に捺印する印鑑で、皆さんが使うことの多い印鑑の一つではないでしょうか?

 

認印

印鑑登録や、金融機関で登録されていない印鑑のことを指します。

日常的に使用される印鑑で、例えば宅配便や回覧板、各受領書などに捺印する時に使用される印鑑となっています。

 

役職印、会社実印

法務局に登録する法人の実印としてとても大切な契約の時などに捺印する印鑑です。

個人の印鑑と分別するために、外枠と内枠の二重に分別されており、外枠には会社名、内側に代表者名などの文字を入れます。

 

角印

官公庁職印、法人の会社角印、組合印、団体やサークル、など様々な場面の一般事務や、契約時の印鑑として利用します。

 

 

この様に印鑑にも場面で様々な種類や用途があり、使用したことのある印鑑、所有している印鑑があります。

 

 

会社の実印は勿論私も所有した経験などないです。

 

これから先どのような印鑑を持ちどのような印鑑を作るのかわかりませんが、大事な場面で使用する印鑑よりも、私は個人的に趣味で魚拓や絵画などに押されているタイプの印鑑が好みです。

 

これといった決まりもなく、自分の好きな書体で好きな言葉で好きな色で、好き勝手にデザイン出来るものなので、無限大にイメージが膨らみます。

初めて自分で作った印鑑は、ごくごく普通の真面目な感じの印鑑なので、次に作る時は趣味の分野で使用できる個性的な印鑑を作ってみたいと思います。

そうなると少し金額も上がるとは思いますが、それ相応の価値もあると思いますし、歳を取っても使い続けられるはずなので。

 

それまでもっと印鑑の云々を知って、今以上に印鑑についてヲタクになってみます。

好きこそ物の上手なれ。

どこかでこの知識が役に立つ時が来るかも知れないですし、それが何か人生を変えるきっかけになるかも知れないですからね。

とはいっても印鑑を専門にされてらっしゃる方からすればまだまだ知識も乏しいはず。

印材を丸暗記して全て答えられる様なレベルのヲタクになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*