今、日本では地震が毎日のように起きてきます。いつ、大きな地震が来るのか分からない状況なので、必ず一人一人が地震対策をしておく事が大切です。まず、家具等を固定しておく事が大切です。地震が起こった際に、怪我をする事が多いのが、家具が倒れてきて下敷きになってしまう事故です。
今では、大地震が来たとしても、絶対に家具を倒れなくする器具も登場してきて、ホームセンターやインターネット通販で買う事が出来ます。
もし地震が起きた場合、水道は出なくなってしまうので、お水を置いておく事も必要です。人は、水があれば食事をしなくても、長い間生きていられるので、お水があれば安心です。震災直後の状況では、雨風にさらされて、ミネラルを不足してしまうので、沢山のミネラルが入ったミネラルウォーターを保存水として置いておく事が命を守る事に繋がります。保存食という物もあって、賞味期限の長い食品も地震対策として売られています。缶詰食品もその一つです。缶詰は、密封された後、すべてに過熱殺菌が施されているので、無菌状態で密封される事でより長くの賞味期限を持っています。
震災後不足しがちな糖分を摂取できる商品や、小麦粉で作られた製品も登場しています。自宅に、より賞味期限の長いミネラルウォーターや、缶詰食品を置いておく事で、もしもの時に重宝します。
ミネラルウォーターだけでは無く、糖分や、人体に必要な成分をより多く配合したスポーツドリンクも置いておくと、震災直後の疲れきった体を癒してくれる働きがあります。今のスポーツドリンクも賞味期限が長い物があるので、あると便利です。
懐中電灯や、電池、ガスコンロがあれば夜でも料理が出来ます。もし震災した日が秋や、冬の場合は、火が無ければ凍えてしまいます。凍傷等も怖い病気なので、しっかりとマッチや、ライター、ガスコンロ等を保存しておく事が大切です。暖かいスープや、インスタント麺を食べる事が出来ます。
レトルト食品や、インスタント食品の中には、震災用に、温めなくても食べられる商品が出回っています。震災直後は、火を起こして、調理をする事は難しいので、温めずに美味しく食べる事が出来る商品があると便利ですし、もしも子供が居る場合は、子供を喜ばせる事が出来ます。
もしも地震が起きた場合に出来る事は、すぐにお風呂にお水を貯める事です。そうする事により、大切な水を多く確保する事が出来ます。水は食事だけでは無く、体を綺麗にしたり、トイレにも使えます。